Previous: , Up: Backup   [Contents][Index]


18.3.2.3 コピー vs. リネーム

バックアップファイルは、古いファイルをコピーまたはリネームすることで作ることができます。コピーとリネームは、古いファイルが複数の名前をもつ場合(ハードリンクされている場合)に、異なる効果をもちます。古いファイルがバックアップファイルにリネームされた場合、ハードリンクされた別の名前で参照されるファイルは、バックアップファイルとなります。かわりに古いファイルをコピーすると、ハードリンクされた別の名前で参照されるファイルは、編集中のファイルのままで、それらの名前でアクセスする内容は新しい内容となります。

バックアップファイルを作る方法は、編集中のファイルの所有者とグループにも影響します。コピーが使われた場合、それらは変化しません。リネームが使われた場合、そのユーザーがファイルの所有者となり、ファイルのグループはデフォルト(オペレーティングシステムごとにグループのデフォルトは異なります)のグループになります。

リネームとコピーの選択は、以下の変数により行われます:

ファイルがバージョンコントロールシステムで管理されている場合(Version Controlを参照)、通常、Emacsは普通の方法でそのファイルのバックアップを作りません。しかしコミット(チェックインとも呼ばれる。VCS Conceptsを参照されたい)は、バックアップを作るのと似たところがあります。これらの操作は通常ハードリンクをこわし、同じファイルにたいする別のファイル名でのvisitを切断します。Emacsにできることはありません。バージョンコントロールシステムがこれを行うのです。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.