Next: , Previous: , Up: Keyboard Macros   [Contents][Index]


17.6 キーボードマクロの編集

C-x C-k C-e

最後に定義されたキーボードマクロを編集します(kmacro-edit-macro)。

C-x C-k e name RET

以前に定義されたキーボードマクロnameを編集します(edit-kbd-macro)。

C-x C-k l

過去300回分のキーストロークを、キーボードマクロとして編集します(kmacro-edit-lossage)。

C-x C-k C-eまたはC-x C-k RET (kmacro-edit-macro)をとタイプして、最後のキーボードマクロを編集できます。これはマクロ定義をバッファーに整形出力して、それを編集するために特化したモードに入ります。そのバッファーでC-h mをタイプすると、マクロを編集する方法の詳細が表示されます。編集を終了するにはC-c C-cをタイプしてください。

名前をつけたキーボードマクロ、またはキーにバインドしたマクロは、C-x C-k e (edit-kbd-macro)とタイプして編集できます。このコマンドに続けてそのマクロを呼び出すときのキー入力(C-x eM-x name、またはその他のキーシーケンス)を入力します。

C-x C-k l (kmacro-edit-lossage)とタイプして、最近300回のキーストロークをマクロとして編集できます。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.