Next: , Previous: , Up: Abbrevs   [Contents][Index]


29.5 abbrevのテストと編集

M-x list-abbrevs

すべてのabbrev定義のリストを表示します。数引数を指定した場合は、ローカルなabbrevのリストだけを表示します。

M-x edit-abbrevs

abbrevのリストを編集します。定義の追加、変更、削除ができます。

M-x list-abbrevsの出力は以下のようなものです:

他のさまざまなテーブル…
(lisp-mode-abbrev-table)
"dk"          0    "define-key"
(global-abbrev-table)
"dfn"         0    "definition"

(空行に意味はありません。また他のabbrevテーブルは省略しています。)

カッコで括られた名前を含む行は、特定のabbrevテーブルのabbrevにたいするヘッダーです。global-abbrev-tableはすべてのグローバルなabbrevを含み、その他のメジャーモードの後ろについたabbrevテーブルは、モード特有のabbrevを含みます。

それぞれのabbrevテーブルで、空行でない行は1つのabbrevの定義です。行の先頭の単語はabbrevです。その後ろの数字は、そのabbrevが展開された回数です。Emacsはこれを追跡することにより、実際に使用されているabbrevを調べて、ときどきしか使わないものを削除するのを助けます。行の最後の文字列はabbrevの展開結果です。

(sys)’とマークされているabbrevもいくつかあります。これらはsystem abbrevs(システムの略語)で、さまざまなモードにたいして事前に定義されており、ユーザーのabbrevファイルには保存されません(Abbrevs in The Emacs Lisp Reference Manualを参照してください)。systemのabbrevを無効にするには、同じ名前で展開結果がabbrev自身と同じになるabbrevを定義し、それをabbrevファイルに保存してください。

M-x edit-abbrevsを使うと、Emacsバッファーでabbrevのリストを編集することにより、abbrev定義の追加、変更、killができます。リストの書式は、上記で説明した書式を同じです。abbrevのバッファーは*Abbrevs*と呼ばれ、モードはEdit-Abbrevsモードです。このバッファーでC-c C-cをタイプすると、そのバッファーで指定されたabbrev定義がインストールされ、リストに定義されていないabbrevは削除されます。

コマンドedit-abbrevsは、実際にはlist-abbrevsと同じですが、list-abbrevsが単に*Abbrevs*を他のウィンドウに表示するのに比べ、このコマンドはそのバッファーを選択する点が異なります。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.