Next: , Previous: , Up: Display   [Contents][Index]


14.14 ウィンドウのフリンジ

グラフィカルなディスプレーでは、通常Emacsの各ウィンドウの左右の端に、狭いフリンジ(fringes: 縁、へり)があります。フリンジは、ウィンドウのテキストに関する情報を提供するシンボルの表示に使用されます。M-x fringe-modeとタイプしてフリンジ表示を切り替えたり、幅を変更できます。このコマンドは全フレームのフリンジに影響します。選択されたフレームのフリンジだけを変更するには、M-x set-fringe-styleを使います。変数fringe-modeをカスタマイズして、フリンジへの変更を永続化できます。

フリンジのもっとも一般的な使われかたは、継続行の表示です(Continuation Linesを参照してください)。テキストの1行が複数のスクリーン行に分割されるとき、最初の行を除いた各行の左フリンジには曲矢印が表示され、その行の先頭が実際の行頭ではないことを示します。そして、最後の行を除いた各行の右フリンジにも曲矢印が表示され、その行の最後が実際の行末ではないことを示します。行の方向が右から左(Bidirectional Editingを参照してください)の場合、フリンジの曲矢印の意味は逆になります。

行が切り詰められているとき(Line Truncationを参照してください)は水平方向の直矢印を表示して、この行には水平スクロールしなければ見ることのできないテキストがあることを示します。矢印の上でマウスをクリックすれば、矢印の指す方向に水平スクロールします。

フリンジはバッファーの境界(Displaying Boundariesを参照)やウィンドウ下端付近の使用されていない行、デバッグ(Debuggersを参照)しているプログラムが実行中であることを示すためにも使われます。

現在の行がウィンドウの幅と正確に一致して、ポイントがその行の行末にある場合、フリンジにはカーソルが描画されます。これを無効にするには、変数overflow-newline-into-fringenilに変更します。これによりEmacsはウィンドウ幅と同じ長さの行にたいしても、継続または切り詰めを行います。

表示されているウィンドウの片側、または両側のフリンジを削除するためにfringe-modeをカスタマイズする場合、フリンジ上にに表示する機能は利用できなくなりますが、行の継続と切り詰めの標識は例外です。フリンジが利用できない場合、Emacsは特別なASCII文字(Continuation Lines、およびLine Truncationを参照してください)により、行の継続と切り詰めを示すために、最左および最右の文字セルを使用します。行の継続と切り詰めの標識に使用される文字セルは、この目的のために予約されるので、各行に表示するテキストのための列数は減少します。バッファーのテキストには双方向のテキスト、およびleft-to-right(左から右)とright-to-left(右から左)の両方のパラグラフ(Bidirectional Editingを参照してください)が含まれるかもしれないので、、片側のフリンジを削除しただけでは依然として2つの文字セルが予約されます。つまり行の継続と切り詰めの標識のために、ウィンドウの両側にそれぞれ1つの文字セルが予約されます。なぜなら、right-to-leftのパラグラフでは、これらの標識はウィンドウの反対側に表示されるからです。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.