Previous: , Up: Shell History   [Contents][Index]


38.5.3 Shellヒストリーの参照

cshやbashを含むさまざまなシェルは、‘!’や‘^’で始まるヒストリー参照(history references)をサポートします。Shellモードはこれらを認識して、ヒストリーの置き換える処理をします。

ヒストリー参照を挿入してTABとタイプすると、これは入力ヒストリーからマッチするコマンドを検索して、必要なら置換を行い、結果をバッファー内のヒストリー参照の場所に配します。たとえば、一番最近の‘mv’で始まるコマンドを取り出すには、! m v TABとタイプします。必要ならコマンドを編集して、RETでシェルにたいしてコマンドを再実行できます。

Shellモードはヒストリー参照をシェルに送るとき、オプションでヒストリー参照を展開できます。これを行なうには、変数comint-input-autoexpandinputにセットします。SPCcomint-magic-spaceにバインドすれば、SPCでヒストリー参照を展開できます。Rebindingを参照してください。

Shellモードは、ヒストリー参照がプロンプトの後にあればヒストリー参照を認識します。Shellモードがプロンプトを認識する方法については、Shell Promptsを参照してください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.