Previous: , Up: Lossage   [Contents][Index]


51.9 長い行

種々の理由(いくつかはEmacsの再表示コードと処理する可能性がある複雑な範囲が根本にあり、それ以外は稀な状況では同様に調整されないモードと機能にある)により、非常に長い行が存在するとEmacsのパフォーマンスは貧弱になり得ます(“非常に長い”とは通常は少なくとも数千文字を意味する)。

特に問題となるのは非常に長い行のファイルをvisitした時点でEmacsが長時間“hang”するかもしれないことです。これはso-longライブラリーを有効にして緩和される可能性があります。このライブラリーは異常に長い行を含むファイルのvisit時に検知して、その状況下で低速化をもたらす原因となる機能を無効化するステップを実行します。このライブラリーを有効にするにはM-x global-so-long-mode RETとタイプするか、initファイルでglobal-so-long-modeをオンにしたり(Init Fileを参照)、global-so-long-modeオプションをカスタマイズしてください。変数so-long-actionをカスタマイズすることによって、このモードの操作を調整できます。

so-longライブラリーは長い行をもつバッファーでの移動や編集の際にもパフォーマンスを有意に改善できます。依然として行が長くなるほどパフォーマンスはおそらく劣化するでしょうが、それにも関わらずライブラリーの使用によって実質的に改善される可能性があります。

このライブラリーのドキュメントの閲覧と、有効化と設定の方法に関する詳細はM-x so-long-commentaryを使用してください。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.