Next: , Up: Debuggers   [Contents][Index]


27.6.1 GUDの開始

デバッガーサブプロセスを開始する複数のコマンドがあり、それらは特定のデバッガープログラムに対応しています。

M-x gdb

GDBをサブプロセスとして実行し、IDE-likeなEmacsインターフェースを通じてやりとりをします。このコマンドに間する詳細は、GDB Graphical Interfaceを参照してください。

M-x gud-gdb

GDBサブプロセスとの入出力に、GUD interactionバッファーを使用してGDBを実行します((Debugger Operationを参照してください))。そのようなバッファーがすでに存在している場合はそのバッファーに切り替え、存在しない場合はバッファーを作成して切り替えます。

ここにリストされている他のコマンドは、他のデバッガープログラムにたいして同じことを行います。

M-x perldb

Perlインタープリターをデバッグモードで実行します。

M-x jdb

Javaデバッガーを実行します。

M-x pdb

Pythonデバッガーを実行します。

M-x guiler

Guile Schemeプログラムをデバッグするために、Guile REPLを実行します。

M-x dbx

DBXデバッガーを実行します。

M-x xdb

XDBデバッガーを実行します。

M-x sdb

SDBデバッガーを実行します。

これらの各コマンドは、ミニバッファーを使ってデバッガーを呼び出すコマンドラインを読み取ります。ミニバッファーの初期内容は、デバッガーの標準的な実行ファイル名とオプションで、デバッグしたいと推測される実行ファイル名の場合もあります。シェルのワイルドカードと変数は、このコマンドラインでは使用できません。Emacsは‘-’で始まらない最初のコマンド引数を、実行ファイル名とみなします。

Trampは、同じリモートホスト上のデバッガーとプログラムによる、リモートデバッグ機能を提供します。詳細については、Running a debugger on a remote host in The Tramp Manualを参照してください。これはGDBのリモートデバッグ機能とは別の物です、なぜなら、プログラムとデバッガーは違うマシンで実行されるからです(Debugging Remote Programs in The GNU debuggerを参照してください)。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.