Next: , Previous: , Up: バージョンコントロール   [Contents][Index]


30.1.8 バージョンコントロール操作のアンドゥ

C-x v u

カレントVCファイルセットの作業ファイルを、最後のリビジョンにリバートします(vc-revert)。

カレントVCファイルセットにたいするすべての変更を破棄したい場合、C-x v u (vc-revert)とタイプします。これは変更を破棄する前に同意を求めます。同意するとそのファイルセットはリバートされます。

vc-revert-show-diffが非nilならは、このコマンドは作業ファイル(複数可)と編集を開始したリビジョンとの間のdiffを表示します。その後でdiffバッファーは(この変数がkillなら)kill、あるいは(それ以外の非nil値なら)バリーされます。C-x v uでdiffを表示させたくない場合は、この変数にnilをセットしてください(この設定をしてもC-x v =で直接diffを表示できる。古いリビジョンの調査と比較を参照)。

ロックベースのバージョンコントロールシステムでは、C-x v uはファイルをロックしないまま残します。編集を再開するには、再度ロックしなければなりません。ファイルをロックしてから、やはりそれを変更しないと決めたときも、C-x v uでファイルのロックを開放できます。

This page has generated for branch:master, commit:81f587b506e2563074cc3822ad20525d82e8969d to check Japanese translation.