Next: , Up: Filling   [Contents][Index]


25.6.1 Auto Fillモード

Auto Fillモードは行が長くなりすぎたときにSPCRETをタイプすると行を自動的に分割する、バッファーローカルなマイナーモード(Minor Modesを参照)です。

M-x auto-fill-mode

Auto Fillモードを有効または無効にします。

SPC
RET

Auto Fillモード中は、適切なときに行を分割します。

モードコマンドM-x auto-fill-modeは、カレントバッファーのAuto Fillモードを切り替えます。他のマイナーモードと同様、正の数引数はAuto Fillモードを有効にし、負の引数は無効にします。特定のメジャーモードでAuto Fillモードを自動的に有効にするには、モードフックにauto-fill-modeを追加します(Major Modesを参照してください)。Auto Fillモードが有効なときは、モードラインにモード指標の‘Fill’が表示されます(Mode Lineを参照してください)。

Auto Fillモードは行が望ましい幅より長くなったときに、適切な位置で自動的に行を分割します。行分割はSPCRETをタイプしたときだけ発生します。行の分割をさせずにスペースまたは改行を挿入したいときは、C-q SPCまたはC-q C-jとタイプします。C-oも行の分割を発生させずに改行を挿入します。

Auto Fillが行ブレークする位置は、その行にある文字に依存します。ASCIIに由来する文字、ラテン文字、および他のほとんどのスクリプトでは、単語を損なわないようにEmacsはスペース文字で行を分割します。しかしCJKスクリプトでは、行は任意の2文字間での分割があり得ます(kinsokuライブラリーをロードしていれば、Emacsは特別な規則が行ブレークを抑止するような位置における、特定のCJK文字ペアー間での行分割を避けるだろう)。

Auto Fillモードが行を分割するときは、適応型フィルプレフィクス(adaptive fill prefix)にしたがうよう試みます。フィルプレフィクスがカレントパラグラフの最初の1行目、および/または2行目で推論できる場合、そのフィルプレフィクスは新しい行に挿入されます(Adaptive Fillを参照してください)。そうでない場合、新しい行はその行でTABをタイプしたかのようにインデントされます(Indentationを参照してください)。プログラミング言語に関するモードでは、行がコメントの途中で改行された場合、新しいコメント区切りが適切に挿入されてコメントが分割されます。

Auto Fillモードはパラグラフ全体を再フィルしません。これは行の分割はしますが、行のマージはしません。したがって、パラグラフの途中を編集しているときは、適切にフィルされていないパラグラフがあり得ます。これをフィルするには、フィルコマンドを明示的に呼び出してください (Fill Commandsを参照してください)。

長い行を表示時に折り返す類似機能としてVisual Lineモードがあります(Visual Line Modeを参照)。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.