Next: , Previous: , Up: Version Control   [Contents][Index]


28.1.3 バージョンコントロール下での基本的な編集

ほとんどのVCコマンドは、VCファイルセット(VC filesets)にたいして処理を行います。VCファイルセットは、VC操作が機能する1つ以上のファイルのコレクションです。バージョンコントロールされたファイルをvisitしているバッファーでVCコマンドをタイプすると、VCファイルセットは単にそのファイル1つだけになります。VC Directoryバッファーで、いくつかのファイルをマークしているときにVCコマンドをタイプしたときは、VCファイルセットはマークされたファイルです(VC Directory Modeを参照してください)。

現代的な変更セットベースのバージョンコントロールシステム(VCS Changesetsを参照してください)では、VCコマンドは複数ファイルからなるVCファイルセットを1つのグループとして扱います。たとえば複数ファイルからなるVCファイルセットをコミットすると、それらすべてのファイルにたいする変更を含む、1つのリビジョンが生成されます。CVSのような古いファイルベースのバージョンコントロールシステムでは、複数ファイルからなるVCファイルセットの各ファイルは個別に処理されます。たとえば、コミットにより、変更されたファイル後とに1つのリビジョンが生成されます。

C-x v v

カレントVCファイルセットにたいして、次の適切なバージョンコントロール操作を処理します。

重要なVCコマンドC-x v v (vc-next-action)は多目的なもので、カレントのVCファイルセットにたいして、もっとも適切な操作を処理します。このコマンドは、それをバージョンコントロールシステムに登録するか、コミットするか、ロックを外すか、変更をマージします。正確な動作の詳細は、以下のサブセクションで説明します。C-x v vは、ファイルをvisitしているバッファー、Diredバッファー、またはVC Directoryバッファーのいずれかで使うことができます。

VCファイルセットは、ファイルを閲覧したりvisitするためのグループ機能として使用される、名前つきファイルセット(named filesets)とは別の物だということに注意してください(Filesetsを参照してください)。名前つきファイルセットとは異なり、VCファイルセットは名前をもたず、セッションをまたいで持続しません。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.