Next: , Previous: , Up: Easy Customization   [Contents][Index]


49.1.2 セッティングのブラウズと検索

M-x customizeにより作成されたトップレベルのカスタマイズバッファーから、カスタマイズグループ‘Emacs’のサブグループへのリンクをフォローできます。これらのサブグループは、カスタマイズするためのセッティングを含んでいるでしょう。また、これらのサブグループには、Emacsのより特化したサブシステムを扱うサブグループが、さらに含まれているかもしれません。カスタマイズグループの階層を移動していけば、カスタマイズしたい、いくつかのセッティングが見つかるでしょう。

特定のセッティングまたはカスタマイズグループのカスタマイズに興味がある場合は、コマンドM-x customize-optionM-x customize-faceM-x customize-groupで直接移動することもできます。Specific Customizationを参照してください。

どのグループまたはセッティングをカスタマイズしたいか確信がもてない場合、各カスタマイズバッファーの上部にある、編集可能なサーチフィールドを使用して、それらを検索できます。このフィールドで検索条件 — 1つの単語またはスペースで区切られた複数の単語、または正規表現(Regexpsを参照してください) — をタイプできます。それからそのフィールドでRETをタイプするか、となりの‘Search’ボタンをアクティブにすることにより、その条件にマッチするグループとセッティングを含むカスタマイズバッファーに切り替わります。しかし、この機能はカレントEmacsセッションにロードされたグループ、またはセッティングだけを探すことに注意してください。

カスタマイズバッファーにサーチフィールドを表示したくない場合は、変数custom-search-fieldnilに変更してください。

コマンドM-x customize-aproposは、同じようにサーチフィールドを使用しますが、これはミニバッファーを使用して検索条件を読み取ります。Specific Customizationを参照してください。

M-x customize-browseは、利用可能なセッティングをブラウズする別の方法です。このコマンドは、グループまたはセッティングの名前だけを、構造化されたレイアウトで表示する、特別なカスタマイズバッファーを作成します。グループ名のとなりの‘[+]’ボタンを呼び出すことにより、同じバッファーでグループの内容を表示できます。グループの内容が表示されている場合、ボタンは‘[-]’に変化し、それを呼び出すことにより、再びグループ内容を隠すことができます。このバッファーのグループまたはセッティングには、それぞれ‘[Group]’、‘[Option]’、‘[Face]’というリンクがあります。このリンクを呼び出すことにより、そのグループ、オプション、フェイスだけを表示する、通常のカスタマイズバッファーが作成されます。M-x customize-browseでは、この方法によりセッティングを変更します。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.