Next: , Previous: , Up: Dired   [Contents][Index]


30.10 Diredでのファイル比較

= (dired-diff)コマンドは、diffプログラムを使用して、カレントファイル(ポイント位置のファイル)と他のファイル(ミニバッファーを使用して指定)を比較します。ミニバッファーで指定されたファイルは、diffの1番目の引数となり、ポイント位置のファイルは2番目の引数になります。diffプログラムの出力は、Diffモードを使用するバッファーで表示されます(Comparing Filesを参照してください)。

リージョンがアクティブの場合、ミニバッファーを使って読み取られるファイル名のデフォルトは、マーク(Diredのマークではなく、Emacsの通常のマークのこと。Setting Markを参照してください)の位置のファイルになります。リージョンがアクティブでない場合、ポイント位置のファイルがバックアップファイル(Backupを参照してください)のときは、それがデフォルトになります。

ediff-filesを使用してファイルを比較することもできます。Major Entry Points in Ediff User’s Manualを参照してください。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.