Next: , Previous: , Up: Top   [Contents][Index]


30 Dired (ディレクトリーエディター)

Diredはディレクトリー、およびオプションでそれのサブディレクトリーのリストを含む、Emacsバッファーを作成します。このバッファー内を移動するために、通常のEmacsコマンドと、リストされたファイルを操作するための、特別なコマンドを使うことができます。Diredはローカルとリモートの両方のディレクトリーで機能します。

通常はDiredバッファーは読み取り専用で、テキストの挿入はできません(とはいえWdiredモードではそれが可能。Wdiredを参照されたい)。dxのような通常のプリント文字は、特別なDiredコマンドに再定義されています。Diredコマンドには、カレントファイル(カレント行のファイルのこと)をマークしたり、フラグをつけるものがいくつかあり、他のコマンドは、マークされたファイルやフラグがつけられたファイルにたいして処理を行ないます。最初に特定のファイルをマークして、それらすべてにたいして1つのコマンドで操作を行なうのです。

Dired-Xパッケージは、Diredモードのためのさまざまな特別の機能を提供します。Dired-X in Dired Extra User’s Manualを参照してください。

ディレクトリーのファイルのリストは、C-x C-d (list-directory)でも閲覧することができます。Diredとは異なり、このコマンドではリストされたファイルにたいする操作はできません。Directoriesを参照してください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.