Next: , Previous: , Up: The Emacs Editor   [Contents][Index]


33 カレンダーとダイアリー

Emacsは、過去のイベントや将来のプランのためのダイアリーをもつ、卓上カレンダー機能を提供します。これにはアポイントメントを管理したり、特定のプロジェクトにどれだけ時間を費やしているか追跡する機能もあります。

カレンダーを起動するには、M-x calendarとタイプします。これは3ヶ月分のカレンダーを表示します。当月が中央に表示され、今日の日付にポイントが配されます。C-u M-x calendarのように数引数を指定すると、3ヶ月カレンダーの中央に表示する、月と年の入力を求めます。カレンダーは自身のバッファーを使用し、メジャーモードはCalendarモードです。

カレンダーの中でmouse-3をクリックすると、特定の日付にたいする操作メニューが表示されます。mouse-2をクリックすると、特定の日付とは関係のない、一般的に使用されるカレンダー機能のメニューが表示されます。カレンダーを終了するには、qとタイプします。

This page has generated for branch:emacs-30, commit:ad27b2a96fb67e5e4e6ccb406175feb9e2cfa5a1 to check Japanese translation.