Next: , Previous: , Up: Calendar/Diary   [Contents][Index]


31.5 カレンダーファイルの記述

カレンダーとダイアリーのエントリーを、HTMLやLaTeXに書き出すことができます。

Calendar HTMLコマンドは、カレンダー、休日、ダイアリーのエントリーを含む、HTMLコードのファイルを生成します。各ファイルは1ヶ月に対応し、yyyy-mm.htmlという形式の名前をもちます。ここでyyyyは4桁の年、mmは2桁の月です。変数cal-html-directoryは、HTMLファイルのためのデフォルトの出力先ディレクトリーを指定します。休日が表示されないようにするには、cal-html-holidaysをカスタマイズしてください。

<>で囲まれたダイアリーのエントリー(たとえば、this is a diary entry with <font color=”red”>some red text</font>)は、HTMLタグと解釈されます。HTMLファイルを含むディレクトリーの中にあるスタイルシートcal.cssを通じて、表示されるHTMLページの全体的な外観を変更できます(関連するスタイルセッティングについては、変数cal-html-css-defaultの値を参照してください)。

H m

1ヶ月のカレンダーを生成します(cal-html-cursor-month)。

H y

1年の各月のカレンダーファイルを生成し、同様にインデックスページも生成します(cal-html-cursor-year)。デフォルトでは、このコマンドはファイルをサブディレクトリーyyyyに書き込みます。これを変更した場合、各年の間のハイパーリンクは機能しなくなるでしょう。

変数cal-html-print-day-number-flagが非nilの場合、マンスリーカレンダーにはday-of-the-year(年の何日目か)の数字が表示されます。変数cal-html-year-index-colsは、年のインデックスページの列数を指定します。

Calendar LaTeXコマンドは、カレンダーとしてプリントされるLaTeXコードのバッファーを生成します。どのコマンドを使うかにより、プリントされるカレンダーは、ポイントのある日、週、月、年をカバーします。

t m

1ヶ月のカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-month)。

t M

横向き印刷(sideways-printing)で、1ヶ月のカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-month-landscape)。

t d

1日のカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-day)。

t w 1

時間を併記した、1週間の1ページカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-week)。

t w 2

時間を併記した、1週間の2ページカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-week2)。

t w 3

時間なしで、1週間のISOスタイルのカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-week-iso)。

t w 4

時間を併記した、月曜で始まる1週間のカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-week-monday)。

t w W

時間なしで、1週間の2ページカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-week2-summary)。

t f w

2週間を見開きする、Filofaxスタイルのカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-filofax-2week)。

t f W

1週間を見開きする、Filofaxスタイルのカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-filofax-week)。

t y

1年のカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-year)。

t Y

横向き印刷(sideways-printing)で、1年のカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-year-landscape)。

t f y

1年のFilofaxスタイルのカレンダーを生成します(cal-tex-cursor-filofax-year)。

これらのコマンドの中には、カレンダーを(ランドスケープモードで)横向きに印刷するものがあり、その場合は縦長ではなく横長になります。Filofaxの用紙サイズ(3.75in x 6.75in)を使うものもあります。これらのコマンドはすべてプレフィクス引数を指定でき、これは何日、何週間、何ヶ月、何年分を印刷するかを指定します(常に選択された日付から開始されます)。

変数cal-tex-holidaysが非nil(デフォルト)の場合、プリンとされたカレンダーにはcalendar-holidaysの休日が表示されます。変数cal-tex-diaryが非nil(デフォルトはnil)の場合、ダイアリーのエントリーも含まれます(マンスリー、Filofax、isoの週カレンダーのみ)。変数cal-tex-rulesが非nil(デフォルトはnil)の場合、カレンダーは充分な空間のある、罫線ページのスタイルで表示されます。そのカレンダーがどんな機能をサポートするかは、個別のcal-tex関数のドキュメントを参照してください。

必要なら、変数cal-tex-preamble-extraを使用して、生成されたドキュメントのプリアンブル(preamble)に、追加のLaTeXコマンドを挿入できます。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.