Next: , Previous: , Up: Calendar/Diary   [Contents][Index]


31.6 休日

Emacsのカレンダーは、多くのメジャーおよびマイナーな休日を知っており、それらを表示することができます。デフォルトリストに、あなた自身の休日を追加できます。

mouse-3 Holidays
h

選択された日付の休日を表示します(calendar-cursor-holidays)。

x

カレンダーウィンドウの休日をマークします(calendar-mark-holidays)。

u

カレンダーウィンドウのマークを外します(calendar-unmark)。

a

表示された3ヶ月の休日を別のウィンドウにリストします(calendar-list-holidays)。

M-x holidays

今日を含む3ヶ月の休日を別のウィンドウにリストします。

M-x list-holidays

年の指定した範囲の休日を別のウィンドウにリストします。

ある日付が休日かどうか見るには、カレンダーウィンドウのその日付にポイントを置いて、hコマンドを使用します。その日付をmouse-3でクリックして表示されるメニューで、Holidaysを選択しても見ることができます。どちらの方法も、その日付にたいする休日を、エコーエリアか、エコーエリアに収まらない場合は別のウィンドウに表示します。

カレンダーに表示された、すべての日付にたいする休日の分布を閲覧するには、xコマンドを使用します。これは休日を異なるフェイスで表示します。 calendar-holiday-markerを参照してください。 このコマンドは、現在表示されている月と、スクロールすることにより見ることができる他の月の両方に適用されます。マークをオフにして現在のマークを消すには、uをタイプします。これはダイアリーマークも消します(Diaryを参照してください)。変数calendar-mark-holidays-flagが非nilの場合、カレンダーの作成または更新により、自動的に休日がマークされます。

さらに詳細な情報を得るには、aコマンドを使用します。これはカレントの3ヶ月の範囲のすべての休日を含むリストを、別のバッファーに表示します。カレンダーウィンドウでSPCおよびDELを使用することにより、そのリストを上または下にスクロールできます。

コマンドM-x holidaysは、今月および前月と来月の休日のリストを表示します。これはカレンダーウィンドウがないときでも機能します。変数calendar-view-holidays-initially-flagが非nilの場合、カレンダーの作成により、休日がこの方法で表示されます。違う月を中心にした3ヶ月の休日リストが欲しい場合は、月と年の入力を求めるC-u M-x holidaysを使用してください。

Emaceが知っている休日には、United States、major Bahá’í、Chinese、Christian、Islamic、Jewishの休日、および夏至と冬至(solstices)、春分と秋分(equinoxes)が含まれます。

M-x holiday-listは、ある年の範囲にたいする休日のリストを表示します。この関数は年の開始と終了の入力を求め、すべての休日、または複数のカテゴリーの中の1つのカテゴリーに属する休日を選択することができます。このコマンドは、カレンダーウィンドウがないときでも使用することができます。

休日に使用される日付は、歴史的事実ではなく、現在の慣習(current practice)にもとづきます。たとえばVeteran’s Day(退役軍人の日)は1919年に始まった休日ですが、それより前の年でも表示されます。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.