Next: , Previous: , Up: Calendar/Diary   [Contents][Index]


31.4 その他のカレンダーコマンド

p d

day-in-year(1年で何日目か)を表示します(calendar-print-day-of-year)。

C-c C-l

カレンダーウィンドウを再生成します(calendar-redraw)。

SPC

次のウィンドウを上にスクロールします(scroll-other-window)。

DEL
S-SPC

次のウィンドウを下にスクロールします(scroll-other-window-down)。

q

カレンダーをexitします(calendar-exit)。

年の初めからの経過日数と、年の最後までの残り日数を表示するには、p d command (calendar-print-day-of-year)とタイプします。これは、それら両方の日数をエコーエリアに表示します。経過日数には選択された日付も含まれます。残り日数に、その日は含まれません。

カレンダーウィンドウのテキストがおかしくなった場合は、再描画するためにC-c C-l (calendar-redraw)とタイプします(これはCalendarモード以外のモードの編集コマンドを使ったときだけ発生します)。

Calendarモードでは、SPC (scroll-other-window)とDEL (scroll-other-window-down)を使って、(もしあれば)他のウィンドウを上または下にスクロールします。これは休日のリストやダイアリーのエントリーを他のウィンドウに表示しているときなどに便利です。

カレンダーからexitするには、q (calendar-exit)とタイプします。これはカレンダーに関連するすべてのバッファーを隠し(bury)、他のバッファーを選択します(フレームがカレンダー専用のウィンドウを含む場合、カレンダーをexitすることによりそのフレームは、削除またはアイコン化されます。これは変数calendar-remove-frame-by-deletingの値に依存します)。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.