Next: , Previous: , Up: Dired   [Contents][Index]


30.17 Diredバッファーの編集

Wdiredは、Diredバッファーを直接変更することによりファイル操作を行なうことができる、特別なモードです(“Wdired”の“W”は、“writable: 書き込み可能”が由来です)。Wdiredモードに入るには、DiredバッファーでC-x C-q (dired-toggle-read-only)とタイプします。かわりに、メニューアイテムの‘Immediate / Edit File Names’を使うこともできます。

Wdiredモードでは、Diredバッファーに表示されているファイルの名前を編集することにより、ファイルをリネームできます。矩形操作やquery-replaceも含めて、通常のEmacs編集コマンドがすべて利用できます。編集を終えたらC-c C-c (wdired-finish-edit)とタイプします。これにより変更が適用され、通常のDiredモードに戻ります。

単なるファイルのリネーム以外に、ファイルの新しい名前をタイプすることにより(絶対ファイル名でも相対ファイル名でも可)、ファイルを他のディレクトリーに移動することもできます。ファイルに削除のマークをつけるには、ファイル名全体を削除します。シンボリックリンクのリンク先を変更するには、リンク名の隣に表示されているリンク先の名前を編集します。

新たなサブディレクトリーを作成するためにファイル名を編集する場合、Wdiredはそれらの新たなディレクトリーを自動的に作成するでしょう。この振る舞いを抑止したい場合は、wdired-create-parent-directoriesnilにセットしてください。

ファイルサイズや修正時刻など、バッファーの残りのテキストは読み込み専用にマークされているので、編集できません。しかしwdired-allow-to-change-permissionstにセットした場合、ファイルのパーミッションを編集できます。たとえば‘-rw-r--r--’を‘-rw-rw-rw-’に変更することにより、そのファイルを誰でも書き込めるようにできます。これらの変更は、C-c C-cをタイプしたときに効果をもちます。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.