Next: , Previous: , Up: Files   [Contents][Index]


18.8 ファイルディレクトリー

ファイルシステムは、ファイルをディレクトリーにグループ化します。ディレクトリーリストは、ディレクトリーに含まれるファイルのリストです。Emacsはディレクトリーを作成および削除するコマンドを提供し、簡単な形式(ファイル名のみ)、および詳細な形式(サイズ、日付、その他の属性を含む)のディレクトリーリストを作成します。EmacsにはDiredと呼ばれるディレクトリーブラウザーも含まれています。詳細はDired(C-x dで呼び出せる)を参照してください。

C-x C-d dir-or-pattern RET

簡単なディレクトリーリストを表示します(list-directory)。

C-u C-x C-d dir-or-pattern RET

詳細なディレクトリーリストを表示します。

M-x make-directory RET dirname RET

dirnameという名前の新しいディレクトリーを作成します。

M-x delete-directory RET dirname RET

dirnameという名前のディレクトリーを削除します。もし空でない場合、それらを再帰的に削除するか尋ねます。

ディレクトリーリストを表示するコマンドは、C-x C-d (list-directory)です。これはミニバッファーを使って、リストを表示するディレクトリーと、リストするファイルを指定するワイルドカードが含まれたパターンの両方により、ファイル名を読み取ります。たとえば

C-x C-d /u2/emacs/etc RET

これはディレクトリー/u2/emacs/etcのファイルをリストします。以下はファイル名のパターンを指定する例です。

C-x C-d /u2/emacs/src/*.c RET

通常、C-x C-dは名前だけを含む、簡単なディレクトリーリストを表示します。数引数(値は関係なし)は、サイズ、日付、所有者を含む詳細な一覧を作成するよう指示します。

ディレクトリーリストのテキストは、主に下位プロセスとしてlsを実行することにより取得されます。2つのEmacs変数が、lsに指定するスイッチを制御します。list-directory-brief-switchesには、簡単な一覧に使うためのスイッチを文字列で指定します(デフォルトは"-CF")。list-directory-verbose-switchesには、詳細な一覧に使うためのスイッチを文字列で指定します(デフォルトは"-l")。

詳細なディレクトリーのリストでは、Emacsはディレクトリーを含むディスク上のフリー領域サイズに関する情報を追加します。

コマンドM-x delete-directoryは、ミニバッファーを使ってディレクトリー名の入力を求め、空のときはディレクトリーを削除します。ディレクトリーが空でない場合、再帰的に削除するか確認を求めます。“Trash(ごみ箱)”(または“Recycle Bin”)の機能をもつシステムでは、変数delete-by-moving-to-trashtに変更することにより、指定したディレクトリーを無条件に削除するかわりに、ごみ箱に移動します。ごみ箱の使い方についての情報は、Misc File Opsを参照してください。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.