Next: , Previous: , Up: Files   [Contents][Index]


18.12 その他のファイル操作

Emacsには、ファイルを操作する他のコマンドがたくさん存在します。それらはすべて1つのファイルを操作します。ファイル名にワイルドカードは指定できません。

M-x delete-fileはファイルの入力を求め、そのファイルを削除します。1つのディレクトリーにある、複数のファイルを削除する場合、delete-fileよりDiredを使う方が便利でしょう。Dired Deletionを参照してください。

M-x move-file-to-trashは、ファイルをシステムのTrash(またはRecycle Bin)に移動します。この機能は、ほとんどのオペレーティングシステムで利用可能です。Trashに移動されたファイルは、後で気が変わったとき元に戻すことができます(trashに移動されたファイルのリストアはシステムに依存する)。

デフォルトでは、Emacsの削除コマンドはTrashを使いません。一般的な削除コマンドでTrash(それが利用可能な場合)を使うには、変数delete-by-moving-to-trashtに変更します。これはコマンドM-x delete-fileM-x delete-directory (Directoriesを参照してください)、およびDired (Dired Deletionを参照してください)の削除コマンドに影響を与えます。M-x delete-fileおよびM-x delete-directoryにプレフィクス引数を与えると、delete-by-moving-to-trashの値にかかわらず、Trashを使わずに完全に削除します。

ファイルがバージョンコントロール(Version Controlを参照してください)の配下にある時は、M-x delete-fileのかわりにM-x vc-delete-fileを使って、ファイルを削除します。VC Delete/Renameを参照してください。

M-x insert-file(C-x iも)は、指定したファイルの内容のコピーを、現在のポイント位置に挿入し、ポイントの位置は変更せずに挿入された内容の前に残します。挿入した内容の後の位置はマークリングに追加され、マークは非アクティブになります(Mark Ringを参照してください)。

M-x insert-file-literallyM-x insert-fileと同様ですが、ファイルはliterally(そのまま)挿入されます。つまりM-x find-file-literallyコマンド(Visitingを参照してください)と同様に、特別なエンコーディングや変換なしに、ASCII文字の並びとして扱われます。

M-x write-regionM-x insert-fileの逆です。このコマンドはリージョンの内容を、指定されたファイルにコピーします。M-x append-to-fileはリージョンのテキストを、指定されたファイルの末尾に加えます。Accumulating Textを参照してください。変数write-region-inhibit-fsyncの値は、これらのコマンドおよびファイルの保存に影響を与えます。Customize Saveを参照してください。

M-x set-file-modesはファイル名と、その後にファイルモード(file mode)を読み込んで、指定されたファイルにそのファイルモードを適用します。ファイルモード(またはファイルパーミッション(file permissions)とも呼ばれます)は、ファイルが読み込み可能か、書き込み可能か、実行可能か、そしてそれは誰にたいしてなのかを決定します。このコマンドは、chmodコマンドに指定する形式の、シンボルまたは8進のファイルモードを読み取ります。たとえば‘u+x’は、そのファイルを所有するユーザーに実行可能の権限を追加することを意味します。ファイルモードをサポートしないオペレーティングシステムでは、効果はありません。chmodはこの関数の便利なエイリアスです。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.