Next: , Previous: , Up: Killing   [Contents][Index]


12.4 テキストの追加

テキストのコピーや移動は、それをkillしてyankすることにより通常行います。しかし多くの箇所にあるテキストブロックをコピーしたり、たくさんのテキストの断片を1ヶ所にコピーする便利な方法があります。ここではテキストの断片を、バッファーやファイルに追加するコマンドを説明します。

M-x append-to-buffer

リージョンを指定したバッファーの内容の後に追加(append)します。

M-x prepend-to-buffer

リージョンを指定したバッファーの内容の前に追加(prepend)します。

M-x copy-to-buffer

リージョンを指定したバッファーにコピーして、バッファーの古い内容は削除されます。

M-x insert-buffer

指定したバッファーの内容を、現在のバッファーのポイント位置に挿入します。

M-x append-to-file

リージョンを指定したファイルの内容の最後に追加します。

テキストをバッファーに追加するには、M-x append-to-bufferを使います。これはバッファー名を読み取り、リージョンのコピーを指定したバッファーに挿入します。存在しないバッファーを指定すると、append-to-bufferはそのバッファーを作成します。テキストは、そのバッファーのポイント位置に挿入されます。バッファーを編集用に使っていると、コピーされたテキストはその時ポイントがあった位置に挿入されます。

バッファーのポイントは、コピーされたテキストの最後に残ります。連続してappend-to-bufferを使うと、テキストは指定したバッファーにコピーした順番で追加されていきます。厳密に言うとappend-to-bufferは既存のバッファーのテキストにたいして、常に追加をする訳ではありません。これはポイントがバッファーの最後にあるときに追加をします。しかしバッファーを変更するのにappend-to-bufferしか使わない場合、ポイントは常にバッファーの最後に位置することになります。

M-x prepend-to-bufferappend-to-bufferと同様ですが、他のバッファーのポイントはコピーされたテキストの前に置かれるので、連続してこのコマンドを使用すると、テキストは逆の順番に追加されます。M-x copy-to-bufferも同様ですが、他のバッファーの既存の内容は削除されるので、バッファーの内容は新しくコピーされたテキストだけになります。

コマンドC-x x i (insert-buffer)は、追加するテキストを他のバッファーから取得するために使われます。これはバッファー名の入力を求め、そのバッファーのすべてのテキストのコピーを、現在のバッファーのポイント位置に挿入します。ポイントは挿入されたテキストの先頭になります。挿入されたテキストの最後の位置もマークリングに追加されます。マークは非アクティブになります。バッファーに関する背景情報は、Buffersを参照してください。

バッファーのテキストを追加するかわりに、M-x append-to-fileでテキストを直接ファイルに追加できます。これはファイル名の入力を求め、リージョンのテキストを指定されたファイルの最後に追加します。ディスク上のファイルはすぐに変更されます。

append-to-fileは、Emacsがvisitしていないファイルだけに使うべきです。Emacsで編集中のファイルにたいして使用すると、それはEmacsの背後でファイルが変更されることになるため、編集内容が失われる可能性があります。

テキストの移動に関する他の方法はレジスターに格納する方法です。Registersを参照してください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:35117e2c9cec6620614e74dd4628a01f9a4b2f74 to check Japanese translation.