Next: , Previous: , Up: テキストのkillと移動   [Contents][Index]


13.3 グラフィカルなディスプレイでのカットアンドペースト

ほとんどのグラフィカルなデスクトップ環境では、異なるアプリケーション間のデータ転送(通常はテキスト)に、クリップボード(clipboard)と呼ばれるシステム機能を使います。Xでは他にプライマリー選択(primary selection)とセカンダリー選択(secondary selection)という、同様の機能が利用可能です。Emacsをグラフィカルなディスプレイで実行している場合、killとyankコマンドはこれらの機能に統合されているので、Emacsと他のグラフィカルアプリケーション間で、簡単にテキストを転送できます。

デフォルトでは、Emacsはプログラム間テキスト転送のコーディングシステムとして、UTF-8を使います。もしコピーしたテキストが期待したものでない場合、C-x RET xまたはC-x RET Xとタイプして、他のコーディングシステムを指定できます。x-select-request-typeをカスタマイズして、異なるデータタイプを要求することもできます。プロセス間通信にたいするコーディングシステムを参照してください。

This page has generated for branch:emacs-29, commit:b0a5c33c8a12c381efbc6afce1b387feb85afaee to check Japanese translation.