Next: , Previous: , Up: Top   [Contents][Index]


13 レジスター

Emacsのレジスター(registers)は、テキストや矩形領域、位置、その他、後で使うものを保存するための区画です。一度テキストや矩形領域をレジスターに保存すれば、それをバッファーに何度もコピーできます。一度場所をレジスターに保存すれば、何度でもその場所にジャンプして戻ることができます。

各レジスターは1文字からなる名前があり、ここではrと表記することにします。rには、英字(‘a’など)または数字(‘1’など)を使用できます。大文字小文字は区別されるので、レジスター‘a’とレジスター‘A’は同じではありません。たとえば‘*’や‘C-d’のような、非英数字にレジスターをセットすることもできます。‘C-g’と‘ESC’は対話的なコマンドを終了させるために予約済みなので、これらのキーにレジスターをセットすることはできないことに注意してください。

レジスターには位置、テキスト、矩形領域、数字、ウィンドウの設定、ファイル名が保存できますが、一度に保存できるのは1つです。レジスターに何か保存すると、他の何かをそのレジスターに保存するまで残ります。レジスターrに何が含まれているのか見るには。M-x view-registerを使います:

M-x view-register RET r

レジスターrに何が含まれるかの説明を表示します。

レジスター名の入力を求めるコマンドはすべて、既存のレジスターを一覧するプレビュー(preview)ウィンドウを遅延表示します。遅延の長さはregister-preview-delayでカスタマイズできます。遅延を無効にするには、nilをセットしてください。この場合、C-hF1で、明示的にプレビューウィンドウを要求できます。

ブックマーク(Bookmarks)はファイルと位置を記録するので、ファイルを再び見るときは記録された位置から閲覧できます。ブックマークも本質的にレジスター同じなので、このチャプターに記載します。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.