Next: , Previous: , Up: Top   [Contents][Index]


18 ファイルの処理

オペレーティングシステムはファイルにデータを永続化するので、Emacsで編集するテキストの大部分はファイルから読み込んで、最終的にファイルに格納します。

ファイルを編集するには、Emacsにファイルを読み込み、ファイルのテキストを含むバッファーを準備するよう、指示しなければなりません。これを、ファイルのvisit(訪問)と呼びます。編集コマンドは直接バッファーのテキスト、つまりEmacs内部のコピーに適用されます。変更がファイルに反映されるのは、バッファーをファイルに保存(save)したときだけです。

ファイルのvisitや保存に加え、Emacsはファイルの削除、コピー、名前の変更、ファイルへの追加、ファイルの複数バージョンの保持、ディレクトリーの操作を行うことができます。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:35117e2c9cec6620614e74dd4628a01f9a4b2f74 to check Japanese translation.