Next: , Previous: , Up: Dired   [Contents][Index]


30.4 大量のファイルに一度にフラグをつける

コマンド#~.% &% dは、ファイル名にもとづき多くのファイルにフラグをつけます。

#

すべての自動保存ファイル(名前の最初と最後が‘#’のファイル)にたいして、削除のフラグをつけます(Auto Saveを参照してください)。

~

すべてのバックアップファイル(名前の最後が‘~’のファイル)にたいして、削除のフラグをつけます(Backupを参照してください)。

. (ピリオド)

余分な番号付きバックアップファイルに、削除のフラグをつけます。一番古いものと、一番新しいバックアップのいくつかは除外され、その中間のファイルにフラグがつけられます。

% &

簡単にファイルを再作成できることを示唆する、特定の種類の名前をもつすべてのファイルに削除のフラグをつけます。

% d regexp RET

正規表現regexpにマッチする名前の、すべてのファイルに削除のフラグをつけます。

# (dired-flag-auto-save-files)は、名前が自動保存ファイルに見える — つまり名前の最初と最後が‘#’の、すべてのファイルにフラグをつけます。Auto Saveを参照してください。

~ (dired-flag-backup-files)は、名前がバックアップファイルであることを告げる — つまり名前の最後が‘~’の、すべてのファイルにフラグをつけます。Backupを参照してください。

. (ピリオド、dired-clean-directory)は、いくつかのバックアップファイルだけに削除のフラグをつけます。つまり、最古と最新のいくつかのファイルを除く、すべてのファイルです。残すべき最新バージョンの数は通常、変数dired-kept-versions(kept-new-versionsではありません。これは保存時だけ適用されます)で与えられます。残すべき最古バージョンの数は、変数kept-old-versionsにより与えられます。

C-u 3 .のように、ピリオドに正の数引数を指定すると、dired-kept-versionsをオーバーライドして、残すべき最新バージョンの数を指定します。負の引数はkept-old-versionsをオーバーライドします。引数の値にマイナスをつけると、残すべき最古バージョンの数を指定します。

% & (dired-flag-garbage-files)は、変数dired-garbage-files-regexpで指定される正規表現に、名前がマッチするファイルにフラグをつけます。デフォルトでは、TeXにより生成される‘.bak’ファイルと、patchにより生成される‘.orig’ファイルと‘.rej’ファイルにマッチします。

% dは、指定された正規表現に名前がマッチするすべてのファイルにフラグをつけます(dired-flag-files-regexp)。マッチングにはファイル名の非ディレクトリー部分だけが使用されます。マッチのアンカーとして‘^’と‘$’を使用できます。% dを使用するとき、特定のサブディレクトリーを隠して除外できます。Hiding Subdirectoriesを参照してください。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.