Next: , Previous: , Up: Diary   [Contents][Index]


31.10.3 日付のフォーマット

以下は、異なる方法でフォーマットされた日付を説明するために、ダイアリーエントリーの例をいくつか示したものです。この例では、日付はすべてアメリカ形式(月、日、年)ですが、Calendarモードは、オプションでヨーロッパ形式(日、月、年)と、ISO形式(年、月、日)をサポートします。

4/20/12  Switch-over to new tabulation system
apr. 25  Start tabulating annual results
4/30  Results for April are due
*/25  Monthly cycle finishes
Friday  Don't leave without backing up files

最初のエントリーは、2012年4月20日に1度だけ表示されます。2番目と3番目のエントリーは毎年、指定した日に表示され、4番目のエントリーは月にワイルドカード(アスタリスク)を使っているので、毎月25日に表示されます。最後のエントリーは毎週、金曜日に表示されます。

month/day’や‘month/day/year’のように、日付を表すのに数字だけを使うこともできます。この場合、その後に続く文字は数字以外の文字でなければなりません。日付のmonthdayは、1桁または2桁の数字です。オプションのyearも数字で、省略形として最後の2桁を使うこともできます。つまり、‘11/12/2012’または‘11/12/12’を使うことができます。

日付は、‘monthname day’または‘monthname day, year’という形式をもつこともできます。月の名前のスペルには完全形、または省略形(最後のピリオドはあってもなくてもよい)を指定できます。月または曜日の優先される省略形は、変数calendar-abbrev-lengthcalendar-month-abbrev-arraycalendar-day-abbrev-arrayを使ってセットできます。デフォルトは、名前の最初の3文字を省略形として使用します。大文字小文字に違いはありません。

日付はジェネリック(generic) — つまり指定されていない部分があっても構いません。この場合、エントリーは日付に指定された部分にマッチする、すべての日付に適用されます。日付が年を含まない場合、これはジェネリックで、任意の年に適用されます。かわりにmonthdayyearに‘*’を使用することもできます。これは任意の月、任意の日、任意の年にマッチします。したがって、日付は‘3/*/*’のダイアリーエントリーは任意の年の3月の任意の日にマッチします。‘march *’も同じです。

ヨーロッパ形式(月の前に日を記述する)、またはISO形式(年、月、日の順で記述する)で日付を記述したい場合は、カレンダーでM-x calendar-set-date-styleとタイプするか、変数calendar-date-styleをカスタマイズします。これはダイアリーの日付がどのように解釈されるか、日付の表示、コマンドが与えられた引数に要求する順序に影響を与えます。

週のある曜日に適用されるジェネリックな日付として、曜日名を使うことができます。曜日名は完全なスペルを記述するか、上述した省略形を使用できます。大文字小文字に違いはありません。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.