Next: , Previous: , Up: Emacs Invocation   [Contents][Index]


C.5 ディスプレー名の指定

環境変数DISPLAYは、Emacsを含むすべてのXクライアントに、ウィンドウをどこに表示するかを指定します。通常の状況では、この変数の値は、Xサーバーを開始してローカルでジョブを実行したとき、デフォルトにセットされます。ディスプレーを自分で指定することもできます。これを行なう理由の1つは、他のシステムにログインして、そこでEmacsを実行し、ウィンドウはローカル端末のウィンドウに表示させたい場合です。

DISPLAYは、‘host:display.screen’という構文をもちます。ここでhostはXウィンドウシステムのサーバー機のホスト名、displayは、あなたのサーバー(Xサーバー)を、同一機種上の他のサーバーと区別するために任意に割り当てられる数字、そしてscreenフィールドは、Xサーバーが複数の端末スクリーンを制御することを可能にします。ピリオドとscreenフィールドはオプションです。screenが含まれる場合、通常は0です。

たとえば、あなたのホスト名が‘glasperle’で、あなたのサーバーが設定にリストされた最初の(もしかしたら唯一の)サーバーの場合、DISPLAYは‘glasperle:0.0’になります。

Emacsを実行するとき、変数DISPLAYを変更するか、オプション‘-d display’または‘--display=display’で、明示的にディスプレーを指定できます。以下は例です:

emacs --display=glasperle:0 &

-nw’オプションで、Xウィンドウシステムの使用を抑止できます。その場合、Emacsはディスプレーとして制御テキスト端末を使用します。Initial Optionsを参照してください。

セキュリティーの規制により、リモートシステムのプログラムが、ローカルシステムで表示を行なうのを禁ずることがあります。この場合、Emacsは以下のようなメッセージを出力します:

Xlib:  connection to "glasperle:0.0" refused by server

ローカル機でxhostコマンドを使用することにより、リモート機からアクセスする権限を与えれば、この問題を解決できるでしょう。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.