Next: , Previous: , Up: Top   [Contents][Index]


Appendix C Emacs呼び出しにたいするコマンドライン引数

Emacsは、Emacsを開始するとき、様々な動作を要求するための、コマンドライン引数をサポートします。これらのコマンド引数の中には、他のエディターとの互換性のためのものや、高度な動作を指定するものがあります。通常の編集にこれらを使用することはお勧めしません(コマンドラインから既存のEmacsジョブにアクセスする方法は、Emacs Serverを参照してください)。

-’で始まる引数はオプションで、‘+linenum’もオプションです。Emacsは、スタートアップ時に指定されたファイルをvisitします。コマンドラインで最後に指定されたファイルがカレントバッファーになり、それ以外のファイルも別のバッファーでvisitされます。ほとんどのプログラムと同様に、特別な引数‘--’は、それ以降のすべての引数が、(名前が‘-’で始まっていても)オプションではなくファイル名であることを指定します。

Emacsのコマンドオプションは、XウィンドウでEmacsが使用するウィンドウのサイズや位置、カラーなど、多くのことを指定できます。多くはありませんが、ファイルのLisp関数をバッチモードで実行するなど、高度な使い方をサポートするためのオプションもあります。このチャプターの各セクションでは、利用可能なオプションを、その目的に合わせて整理して説明します。

オプションを記述するには2つの方法があります。それは1つの‘-’で始まる短い形式と、‘--’で始まる長い形式です。たとえば、短い形式が‘-d’で、それに対応する長い形式は‘--display’です。

--’の長い形式は、覚えるのが簡単ですが、多くタイプしなければなりません。しかしオプション名全体を綴る必要はありません。あいまいさのない省略形で充分です。長いオプションが引数を要求する場合に、オプション名とそのオプションにたいする引数を区切るには、スペースとイコール記号の両方を使用することができます。したがって‘--display’オプションにたいしては、‘--display sugar-bombs:0.0’と‘--display=sugar-bombs:0.0’の、どちらでも記述することができます。関連性が明確になるのでイコール記号を推奨します。以下の表では、常にイコール記号で記すことにします。

ほとんどのオプションは、Emacsを初期化する方法や、Emacsセッションのパラメーターを指定します。これらを初期化オプション(initial options)と呼びます。多くはありませんが、ライブラリーのロードや、Lisp関数の呼び出しなど、動作を指定するオプションもあります。これらを動作オプション(action options)と呼びます。これらとファイル名を合わせたものを、動作引数(action arguments)と呼びます。動作引数は、変数command-line-argsに、文字列のリストとして保管されます(実際のところ、Emacsスタートアップ時には、コマンドラインで渡されたすべての引数が、command-line-argsに含まれていますが、初期化を行なう間に、初期化引数は処理されるごとにこのリストから削除され、動作引数だけが残ります)。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.