Previous: , Up: Building   [Contents][Index]


27.11 外部Lispの実行

Lispモードは、Common Lispのような一般用途のためのLisp方言で記述されたプログラムを記述するためのメジャーモードです。これのモードコマンドはM-x lisp-modeです。Emacsは名前が.l.lsp.lispで終わるファイルにたいして、自動的にLispモードを使用します。

外部LispセッションをEmacsのサブプロセス、または下位プロセス(inferior process)として実行して、式を評価するために渡すことができます。外部Lispセッションを開始するには、M-x run-lispとタイプします。これはlispという名前のプログラムを実行して、*inferior-lisp*という名前のEmacsバッファーを通じて入出力を行うようにセットアップします。M-x run-lispで実行されるLispプログラムの名前を変更するには、変数inferior-lisp-programを変更してください。

*lisp*バッファーのためのメジャーモードはInferior Lispモードで、これはLispモードの性質とShellモード(Shell Modeを参照してください)の性質をあわせ持っています。Lispセッションに入力を送るには、*lisp*バッファーの最後に移動して、入力をタイプしてからRETをタイプします。Lispセッションからの端末出力は、自動的にそのバッファーに挿入されます。

LispプログラムをLispモードで編集する場合、C-M-x (lisp-eval-defun)とタイプして、Lispモードのバッファーから、M-x run-lispで開始したLispセッションに式を送ることができます。送信される式はポイント位置、またはポイントの後ろのトップレベルのLisp式です。結果となる値は通常どおり、*inferior-lisp*バッファーに送られます。LispモードでのC-M-xの効果は、それが評価されるEmacsに送られるのではなく、異なるLisp環境に送られる点を除けば、Emacs Lispモード(Lisp Evalを参照してください)での効果とよく似ていることに注意してください。

Schemeコードを編集して、式をSchemeサブプロセスに送る機能は、よく似ています。Schemeソースファイルは、Schemeモードで編集されます。このモードはM-x scheme-modeで明示的に有効にできます。M-x run-schemeとタイプすることにより、Schemeセッションを開始し、C-M-xとタイプして式の送ることができます(Schemeと対話するためのバッファーは、*scheme*という名前です)。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.