Next: , Previous: , Up: プログラムのコンパイルとテスト   [Contents][Index]


29.10 Lisp Interactionバッファー

Emacsを開始したとき、*scratch*という名前のバッファーが含まれます、これはEmacs Lisp式の対話的な評価を提供します。このバッファーのメジャーモードは、Lisp Interactionモードです。M-x lisp-interaction-modeとタイプしても、Lisp Interactionモードを有効にできます。

*scratch*バッファーをkillしてしまった場合には、コマンドM-x scratch-bufferで再作成できます。

*scratch*バッファー、およびその他のLisp Interactionモードのバッファーでは、C-j (eval-print-last-sexp)はポイントの前のLisp式を評価して、値をポイント位置に挿入します。したがってバッファーに式をタイプするたび、その後ろでC-jをタイプすることにより、そのバッファーは式の評価とその値を記録した写しになります。その他すべてのLisp Interactionモードのコマンドは、Emacs Lispモードと同じです。

起動時には、*scratch*バッファーは、それが何かを説明するLispコメント形式の短いメッセージを含んでいます。このメッセージは変数initial-scratch-messageにより制御され、値にはドキュメント文字列またはnil(メッセージを抑止するという意味)を指定します。

Emacs Lisp式を対話的に評価する別の方法は、Inferior Emacs Lispモードを使う方法です。これはEmacs Lisp式の評価にShellモード(Shellモードを参照してください)に似たインターフェースを提供します。M-x ielmとタイプすることにより、このモードを使用する*ielm*というバッファーが作成されます。詳細は、コマンドのドキュメントを参照してください。

This page has generated for branch:emacs-30, commit:ad27b2a96fb67e5e4e6ccb406175feb9e2cfa5a1 to check Japanese translation.