Next: , Up: ドキュメントの照会   [Contents][Index]


28.6.1 Infoドキュメントの照会

Infoドキュメントをもつ言語に適用されるメジャーモードでは、プログラムで使用されるシンボルにたいしてC-h S (info-lookup-symbol)を使用することにより、Infoドキュメントを閲覧できます。シンボルはミニバッファーで指定します。デフォルトはバッファーのポイント位置にあるシンボルです。たとえばCモードでは、シンボルをC Library Manualから探します。このコマンドは適切なInfoファイルのマニュアルがインストールされているときだけ機能します。

Emacsは、どのドキュメントのどこからシンボルを探すか — つまり、どのInfoファイルを探すのか、そしてどのインデックスを検索するか — をメジャーモードにもとづき決定します。M-x info-lookup-fileを使用して、ドキュメントのファイル名を指定することもできます。

C-h Sをサポートしないメジャーモードでこれを使用すると、これはsymbol help modeを指定するよう求めます。ここではc-modeコマンドのように、C-h Sをサポートするメジャーモードを選択します。

This page has generated for branch:master, commit:81f587b506e2563074cc3822ad20525d82e8969d to check Japanese translation.