Next: , Previous: , Up: Documentation   [Contents][Index]


26.6.2 man-pageの照会

Unixでは、オンラインドキュメントのメインフォームはmanual pageまたはman pageです。GNUオペレーティングシステムではmanを、Infoでブラウズできる、より組織化されたマニュアルで置き換えることを目指しています。このプロセスは終了していないので、manを読むことはまだ有用です。

オペレーティングシステムのコマンド、ライブラリー関数、システムコールにたいするman pageを、M-x manコマンドで読むことができます。このコマンドは補完つき(Completionを参照してください)でトピック(topic)の入力を求め、対応するman pageをフォーマットするために、manコマンドを実行します。そのシステムが許すなら、このコマンドはmanを非同期で実行するので、ページがフォーマットされる間、編集を続けることができます。フォーマットされた結果は*Man topic*という名前のバッファーに表示されます。このバッファーは、Manモードという特別なメジャーモードを使用します。これはスクロールや他のman pageにジャンプする機能をもちます。詳細についてはManモードのバッファーで、C-h mをタイプしてください。

それぞれのman pageは、1つ以上のセクション(sections)に属します。セクションの名前は数字または数字と文字です。同じ名前のman pageが、複数のセクションに存在することもあります。特定のセクションのman pageを読むには、M-x manがトピックの入力を求める際、‘topic(section)’または‘section topic’とタイプします。たとえばCのライブラリー関数chmodはセクション2ですが、同じ名前のシェルコマンドのman pageはセクション1です。前者を閲覧するには、M-x man RET chmod(2) RETとタイプしてください。

セクションを指定しないと、M-x manは通常、最初に見つかったman pageだけを表示します。manに、コマンドラインオプション‘-a’を指定できるシステムもいくつかあります。これは指定したトピックにたいするすべてのman pageを表示するよう指定します。これを使用するには、変数Man-switchesの値を‘"-a"’に変更します。そうするとManモードのバッファーで、M-nM-pで異なるセクションのman pagfeを切り替えることができます。モードラインには、利用可能なman pageの数が表示されます。

man pageを読む他の方法として、M-x womanコマンドがあります。M-x manとは異なり、これはman pageをフォーマットするために外部のプログラムを実行しないので、MS-Windowsのような、manプログラムが利用できないかもしれないシステムでも機能します。このコマンドは、表示するman pageの入力を求め、それを*WoMan section topicという名前のバッファーに表示します。

M-x womanは、コマンドを最初に呼び出したとき、man pageの補完リストを計算します。数引数を指定すると、このリストを再計算します。これはman pageを追加・削除したとき有用です。

man pageの名前を入力して、M-x womanが複数のセクションで同じ名前のman pageを見つけた場合、これはウィンドウをポップアップして利用可能な候補を示し、それらから1つを選択するよう求めます。

M-x womanはモダンなman-pagesの最新機能をまだサポートしていないので、システムで利用可能ならM-x manの使用をわたしたちが推奨していることに注意してください。

M-x womanのセットアップと使用についての情報は、 Emacsとともに配布されているWoMan Infoマニュアルを参照してください。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.