Previous: , Up: Find Identifiers   [Contents][Index]


28.4.1.4 識別子の照会

C-M-i
M-TAB

タグテーブルがロードされているときは、できるだけ選択されたタグテーブルを使って、ポイント周囲のテキストの置換を行います(completion-at-point)。

M-x list-tags RET file RET

プログラムファイルfileで定義されている識別子のリストを表示します。

C-M-. regexp RET

regexpにマッチする、すべての識別子のリストを表示します(xref-find-apropos)。Looking Up Identifiersを参照してください。

M-x tags-next-file

選択されたタグテーブルに記録されているファイルをvisitします。

プログラミング言語のモードのほとんどでは、C-M-iまたはM-TAB (completion-at-point)とタイプして、ポイント位置のシンボルを補完できます。このコマンドのために、モードに特化した補完候補を提供するモードもあります。補完候補を提供しないモードでは、選択されたタグテーブルがある場合、補完候補を生成するためにこのコマンドを使用することができます。Symbol Completionを参照してください。

M-x list-tagsは、選択されたタグテーブルでカバーされたファイルの名前を1つ読み取り、そのファイルで定義されたタグのリストを表示します。タグテーブルに記録されたファイル名にディレクトリーが含まれない場合は、ファイル名にディレクトリーを含めないでください。このコマンドはバックエンドがetagsのときだけ機能し、そのプロジェクトのために利用可能なタグテーブルが必要です。Tags Tablesを参照してください。インタラクティブに使用すると、カレントバッファーのファイル名がデフォルトタグとして使用されます。

M-x tags-next-fileは、選択されたタグテーブルでカバーされるファイルをvisitします。最初に呼び出したとき、テーブルでカバーされた最初のファイルをvisitします。続けて呼び出すことにより、次のカバーされたファイルをvisitしていきます。プレフィクス引数を指定した場合、最初のファイルに戻ります。このコマンドには、選択されたタグテーブルが必要です。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.