Next: , Previous: , Up: Programs   [Contents][Index]


26.8 シンボル名の補完

補完は通常ミニバッファーで行われますが(Completionを参照してください)、シンボル名の補完を、普通のEmacsバッファーで行うこともできます。

プログラミング言語のモードでは、C-M-iまたはM-TABとタイプすることにより、ポイントの前のシンボル名の一部にたいして補完を行うことができます。グラフィカルなディスプレーでは、M-TABキーは通常、グラフィカルなウィンドウの切り替え用にウィンドウマネージャーに予約されているので、かわりにC-M-iまたはESC TABとタイプする必要があります。

ほとんどのプログラミング言語のモードでは、C-M-i (またはM-TAB)は、コマンドcompletion-at-pointを呼び出します。これは柔軟な方法で補完リストを生成します。Semanticモードが有効な場合は、補完にSemanticパーサーのデータを使用することを試みます(Semanticを参照してください)。Semanticモードが無効、または補完の処理に失敗した場合、選択されたtagsテーブル(Tags Tablesを参照してください)を使用して補完を試みます。Emacs Lispモードの場合、カレントのEmacsセッションで定義された関数、変数、プロパティー名を使用して補完を行います。

他の点では、バッファーでのシンボル補完はミニバッファーでの補完と同様に振る舞います。たとえば、Emacsが一意なシンボルを補完できない場合、他のウィンドウに補完候補のリストを表示します。Completionを参照してください。

Textモード、および関連するモードでは、M-TABはスペルチェッカーの辞書にもとづいて単語を補完します。Spellingを参照してください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.