Next: , Previous: , Up: Key Bindings   [Contents][Index]


49.3.9 名前のあるASCIIコントロール文字

当初TABRETBSLFDESCDELは、特定のASCIIコントロール文字の名前として使用され、多用されるために自身の特別なキーをもつようになりました。たとえばTABC-iの別の名前です。その後、ユーザーはEmacsでこれらのキーと、Ctrlキーと一緒にタイプするコントロール文字を区別できると便利なことに気づきました。したがってほとんどの現代的な端末では、これらは同じではありません。つまりTABC-iと異なります。

これら2種類の入力を、キーボードが区別するなら、Emacsも区別することができます。Emacsは特別なキーをtabreturnbackspacelinefeedescapedeleteという名前のファンクションキーとして扱います。これらのファンクションキーは、そのキー自体に何もバインドされていない場合は、対応するASCII文字に自動的に変換されます。結果として、ユーザーもLispプログラマーも、彼らがそうしたいと望まない限りは、これらの区別に注意を払う必要はありません。

(たとえば)TABC-iを区別したくない場合は、ASCII文字のTAB(8進コード011)だけにたいしてバインディングを1つ指定します。これらを区別したいときは、ASCII文字にたいして1つのバインディング、ファンクションキーのtabにたいして別のバインディングを指定します。

通常のASCII端末では、TABC-i(および同じような他のペアー)を区別する方法はありません。なぜなら端末はどちらの場合も同じ文字を送るからです。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.