Next: , Previous: , Up: GDB Graphical Interface   [Contents][Index]


27.6.5.6 その他のGDBバッファー

Localsバッファー

このバッファーは、カレントフレームのローカル変数の値を、簡単なデータ型で表示します(Information on a frame in The GNU debuggerを参照してください)。値を編集したいときは、そこでRETを押すか、mouse-2でクリックしてください。

配列と構造体については、その型だけが表示されます。GDB 6.4以降では、ポイント位置でRETをタイプ、またはmouse-2でクリックすることにより、ローカル変数の値を調べることができます。それより前のバージョンのGDBでは、型の説明(‘[struct/union]’または‘[array]’)にたいして、RETまたはmouse-2を使用します。Watch Expressionsを参照してください。

Registersバッファー

このバッファーは、レジスターに保持されている値を表示します(Registers in The GNU debuggerを参照してください)。値を編集したいときは、そのレジスターでRETを押すか、mouse-2をクリックします。GDB6.4以降では、最近変化したレジスター値は、font-lock-warning-faceで表示されます。

Assemblerバッファー

assemblerバッファーは、カレントフレームをマシン語コードで表示します。矢印はカレント命令を指し、sourceバッファーのようにブレークポイントのセットと削除ができます。ブレークポイントのアイコンも、フリンジまたは余白に表示されます。

Memoryバッファー

memoryバッファーは、プログラムのメモリーセクションを調べるためのバッファーです(Examining memory in The GNU debuggerを参照してください)。ヘッダー行の適切な箇所をmouse-1でクリックすることにより、そのバッファーが表示するメモリーの開始アドレス、またはデータアイテムの数が変化します(またはSおよびNを使用)。ヘッダー行をmouse-3でクリックすることにより、データアイテムのフォーマット、またはユニットサイズのどちらを表示するか選択します。

gdb-many-windowsが非nilの場合、breakpointsバッファーとthreadsバッファーがウィンドウを共有するように、localsバッファーとregistersバッファーもウィンドウを共有します。一方から他方へ切り替えるには、ヘッダー行の関連するボタンをmouse-1でクリックしてください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.