Previous: , Up: Rmail Summary   [Contents][Index]


33.11.2 サマリーでの編集

Rmailバッファーで行なえることのほとんどは、Rmailサマリーバッファーでも使用できます。実際、1度サマリーバッファーを作成すれば、Rmailバッファーに戻る必要はありません。

サマリーバッファーで異なる行にポイントを移動するだけで、サマリーバッファーからメッセージを選択して、Rmailバッファーに表示することができます。ポイントを移動するEmacsコマンドが何であるかは問題になりません。コマンドの最後でポイントのある行のメッセージが、Rmailバッファーに表示されます。

ほとんどのRmailコマンドは、Rmailバッファーと同様に機能します。したがって、サマリーバッファーでは、dがカレントメッセージの削除、uは削除の取り消し、xで完全に削除します(しかし、サマリーバッファーでは関連する方向に削除されていないメッセージが存在しない場合、削除コマンドはカレントメッセージに留まるのではなく、最初または最後のメッセージに移動します)。oC-oは、カレントメッセージをファイルに出力します。他にも、rはそれにたいする返信を開始する、などです。サマリーバッファーでSPCDELを使用することにより、カレントメッセージをスクロールできます。しかし、サマリーバッファーでSPCまたはDELにより、メッセージの終端または先頭を超えてスクロールすると、削除されていない次または前のメッセージに移動します。rmail-summary-scroll-between-messagesオプションをnilにカスタマイズすれば、次または前のメッセージへのスクロールが無効になります。

M-u (rmail-summary-undelete-many)は、サマリーで削除されたすべてのメッセージの削除を取り消します。プレフィクス引数を指定した場合、以前に削除された、指定した数のメッセージの削除を取り消すことを意味します。

メッセージ間を移動するRmailコマンドはサマリーバッファーでも機能しますが、動作が少し異なります。これらのコマンドはサマリーに含まれる一連のメッセージ間を移動します。これらのコマンドは、常にRmailバッファーがスクリーンに表示されるようにします(カーソル移動コマンドはRmailバッファーの内容を更新しますが、これらのコマンドはウィンドウにすでにそれが表示されているのでなければ、表示しません)。以下はそれらのコマンドのリストです:

n

“deleted”の行をスキップして次の行に移動し、その行のメッセージを選択します(rmail-summary-next-msg)。

p

“deleted”の行をスキップして前の行に移動し、その行のメッセージを選択します(rmail-summary-previous-msg)。

M-n

次の行に移動して、その行のメッセージを選択します(rmail-summary-next-all)。

M-p

前の行に移動して、その行のメッセージを選択します(rmail-summary-previous-all)。

>

最後の行に移動して、その行のメッセージを選択します(rmail-summary-last-message)。

<

最初の行に移動して、その行のメッセージを選択します(rmail-summary-first-message)。

j
RET

(Rmailバッファーがスクリーンに確実に表示されるようにして)カレント行のメッセージを選択します(rmail-summary-goto-msg)。引数nを指定した場合、メッセージ番号nのメッセージを選択し、サマリーバッファーのそのメッセージの行に移動します。そのメッセージがサマリーバッファーにリストされていない場合は、エラーをシグナルします。

M-s pattern RET

メッセージからpatternを検索します。検索はカレントメッセージから開始されます。マッチが見つかったらそのメッセージを選択して、サマリーバッファーのそのメッセージの行にポイントを移動します(rmail-summary-search)。プレフィクス引数は繰り返し回数として機能します。負の引数は後方に検索を行なうことを意味します(rmail-summary-search-backwardと等価です)。

C-M-n labels RET

指定した1つ以上のラベルのうち、少なくとも1つをもつ次のメッセージに移動します(rmail-summary-next-labeled-message)。labelsはカンマで区切られたラベルのリストです。プレフィクス引数は繰り返し回数として機能します。

C-M-p labels RET

指定した1つ以上のラベルのうち、少なくとも1つをもつ前のメッセージに移動します(rmail-summary-previous-labeled-message)。

C-c C-n RET

カレントメッセージと同じsubjectをもつ、次のメッセージに移動します(rmail-summary-next-same-subject)。プレフィクス引数は繰り返し回数として機能します。

C-c C-p RET

カレントメッセージと同じsubjectをもつ、前のメッセージに移動します(rmail-summary-previous-same-subject)。

削除、削除の取り消し、新しいメールの取得はもちろん、異なるメッセージの選択でも、それらの操作をRmailバッファーで行なったとき、サマリーバッファーは更新されます。変数rmail-redisplay-summaryが非nilの場合、これらの操作はサマリーバッファーをスクリーンに表示します。

サマリーの使用を終了するときは、Q (rmail-summary-wipe)とタイプして、サマリーバッファーのウィンドウを削除します。サマリーからRmailを終了することもできます。q (rmail-summary-quit)はサマリーウィンドウを削除して、Rmailファイルを保存してからRmailを終了してから、他のバッファーに切り替えます。かわりにb (rmail-summary-bury)とタイプすると、単にRmailとRmailサマリーバッファーを隠し(bury)ます。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.