Next: , Previous: , Up: Emerge   [Contents][Index]


28.6.2 Emergeのサブモード

マージコマンドに与える2つのモード — FastモードとEditモードを選択することができます。Fastモードでは、基本的なマージコマンドは1文字ですが、通常のEmacsコマンドは利用不可です。これはマージコマンドだけを使いたいときは便利です。Editモードでは、すべてのマージコマンドはプレフィクスキーC-c C-cで始まり、通常のEmacsコマンドも利用可能です。これによりマージバッファーで編集することができますが、Emerge操作は遅くなります。

eでEditモード、C-c C-c fでFastモードに切り替わります。モードラインにはEditモードおよびFastモードは、‘E’と‘F’で示されます。

Emergeは、特定のマージコマンドがどのように機能するかに影響を与える、2つの追加的なサブモード — Auto AdvanceモードとSkip Prefersモードがあります。

Auto Advanceモードが効力をもつ場合、aまたはbコマンドで次の相違に移動します。これは候補を単に選んでいくだけで、素早くマージすることができます。Auto Advanceモードの場合、モードラインに‘A’が示されます。

Skip Prefersモードが効力をもつ場合、nおよびpコマンドは、状態が“prefer-A”と“prefer-B”の相違をスキップします(State of Differenceを参照してください)。したがって、どちらのバージョンも正しいと推定できない相違だけを見ていくことができます。Skip Prefersモードの場合、モードラインに‘S’が示されます。このモードは祖先がある場合にだけ適しています。

Auto Advanceをセットまたはクリアーするには、コマンドs a (emerge-auto-advance)を使用します。Skip Prefersモードをセットまたはクリアーするには、s s (emerge-skip-prefers)を使用します。これらのコマンドは、正の引数の場合はモードをオンにして、負または0の引数のときはモードをオフにし、引数がないときはモードのオン・オフを切り替えます。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.