Next: , Previous: , Up: Emerge   [Contents][Index]


28.6.3 相違の状態

マージバッファーでは、相違は文字‘v’および‘^’のラインでマークされます。各相違は、以下の7つの状態のうち1つをもちます:

A

相違にはバージョンAが表示されています。aコマンドは常にこの状態を生成します。モードラインには‘A’が示されます。

B

相違にはバージョンBが表示されています。bコマンドは常にこの状態を生成します。モードラインには‘B’が示されます。

default-A
default-B

選択を行っていないので、相違にはデフォルトとしてAまたはBの状態が表示されています。すべての相違はdefault-A状態で開始されます(したがってマージバッファーはAバッファーのコピーとなります)が、例外として、もう一方のほうがpreferred(好ましい)な場合を除きます(以下参照)。

相違を選択したときに、状態はdefault-Aまたはdefault-Bから、AまたはBに遷移します。したがって、選択された相違が状態default-Aまたはdefault-Bをもつことはなく、これらの状態がモードラインに表示されることはありません。

コマンドd aは、デフォルトの状態にdefault-Aを選択し、d bはdefault-Bを選択します。これらで選択されるデフォルトは、まだ1度も選択していないか、好ましい候補をもたないすべての相違に適用されます。順番に移動しながらマージを行っている場合、一度も選択されていない相違とは、選択された相違の後のすべての相違です。したがって順番に移動しながら、セクションの間でd ad bを使い分けることにより、マージバッファーのあるセクションにたいしてはバージョンAをデフォルトに、他のセクションにはバージョンBを効果的に選択できます。

prefer-A
prefer-B

相違には、状態Aまたは状態Bが表示されています。なぜなら、それがpreferred(好ましい)からです。これはまだ明示的な選択を行なっていないが、一方の候補は共通の祖先と同じなので、もう一方の候補の方が正しく見えることを意味します。したがってAバッファーが共通の祖先と同じ場合、バージョンBの方が好ましいといえます。なぜなら、それは実際に変更されているからです。

これら2つの状態は、モードラインに‘A*’と‘B*’で表示されます。

combined

x cまたはx Cコマンドの結果として、相違は状態Aおよび状態Bが混合されたものを表示しています。

相違が1度この状態になると、aコマンドとbコマンドは、数引数を与えないかぎり何もしません。

モードラインには状態‘comb’が表示されます。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.