Previous: , Up: Introduction to VC   [Contents][Index]


28.1.1.7 ログファイルのタイプ

バージョンコントロールシステムを使うプロジェクトは、変更にたいする2つのタイプのログをもつことができます。1つはバージョンコントロールシステムで保守されるログです。変更をコミットするたびに、変更にたいするログエントリー(log entry)を入力します(Log Bufferを参照してください)。これはバージョンコントロールログ(version control log)と呼ばれます。

もう1つの種類のログは、ChangeLogです(Change Logを参照してください)。これはプログラムの大きな部分(通常は1つのディレクトリーと、そのサブディレクトリー)にたいする変更の記録を、年代順に記録します。小さなプログラムは、1つのChangeLogを使用するでしょう。大きなプログラムは、主要なディレクトリーごとにChangeLogをもつかもしれません。Change Logを参照してください。プログラマーは、バージョンコントロールシステムのずっと前からChangeLogを使ってきました。

変更セットベースのバージョンシステムは、通常システム全体にたいして変更セットベースの修正ログを保守します。これはChangeLogを冗長なものにします。ChangeLogを残す利点の1つは、他のディレクトリーとは別に、1つのディレクトリーの履歴トランザクションが見れるのは便利なときがあるからです。他の利点として、多くのバージョンコントロールシステムはコミットログを特定できないからです。

バージョンコントロールで管理されるプロジェクトは、バージョンコントロールログだけを使用するか、両方の種類のログを使用します。あるファイルにたいしては1つのログを使い、他のファイルにたいしては別の方法を使うこともできます。プロジェクトごとに、したがうべきポリシーがあります。

両方を使うというポリシーの場合は通常、変更にたいして1度だけエントリーを書いて、それを両方のログに書き込みたいと思うでしょう。ChangeLogにエントリーを記述して、変更をコミットするときにC-c C-aでログバッファーにコピーできます。または変更をコミットするときログバッファーにエントリーを記述して、(C-c C-wの助けを借りて)後でC-x v aコマンドでそれをChangeLogにコピーできます (Change Logs and VCを参照してください)。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.