Next: , Previous: , Up: Introduction to VC   [Contents][Index]


28.1.1.6 リポジトリーにおける分散型と集中型

初期のバージョンコントロールシステムは、集中型(centralized)モデルでデザインされていて、各プロジェクトはすべての開発者が使用するただ1つのリポジトリーをもちます。SCCS、RCS、CVS、Subversion、SRCはこの種のモデルを共有します。このモデルの欠点の1つは、リポジトリーが信頼性と効率の要衝となることです。

GNU Archは、分配型(distributed)または分散型(decentralized)のバージョンコントロールの先駆で、後にGit、Mercurial、Bazaarで実装されました。プロジェクトは複数の異なるリポジトリーをもつことができ、これらのシステムはリポジトリー間で変更履歴を調停する、ある種のスーパーマージをサポートします。開発者ごとに1つのリポジトリーがあり、リポジトリーのマージがコミット操作を代行します。

VCは個人の作業ファイルと、リポジトリーとの間で行われる通信を管理する手助けをします。VCは、リポジトリーが唯一のマスターなのか、それともネットワークのピアーのリポジトリーの1つなのかは関知しません。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.