Next: , Previous: , Up: GDB Graphical Interface   [Contents][Index]


27.6.5.3 Breakpointsバッファー

GDB Breakpointsバッファーは、デバッガーセッションのブレークポイント(breakpoint)、ウォッチポイント(watchpoint)、キャッチポイント(catchpoint)を表示します。Breakpoints in The GNU debuggerを参照してください。これは以下のコマンドを提供します。これらのコマンドのほとんどはカレントブレークポイント(ポイントのあるブレークポイント)に適用されます。

SPC

カレントブレークポイントを有効または無効にします(gdb-toggle-breakpoint)。グラフィカルなディスプレーでは、これはsourceバッファーのフリンジのドットのカラーを変更します。ドットのカラーは、ブレークポイントが有効なときは赤、無効なときはグレーです。

D

カレントブレークポイントを削除します(gdb-delete-breakpoint)。

RET

カレントブレークポイントのソース行をvisitします(gdb-goto-breakpoint)。

mouse-2

クリックしたブレークポイントのソース行をvisitします(gdb-goto-breakpoint)。

gdb-many-windowsが非nilの場合、GDB Breakpointsバッファーは、GDB Threadsバッファーとウィンドウを共有します。一方から他方へ切り替えるには、ヘッダー行の関連するボタンをmouse-1でクリックします。gdb-show-threads-by-defaultが非nilの場合、GDB Threadsバッファーがデフォルトとして表示されます。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.