Next: , Previous: , Up: Hyperlinking   [Contents][Index]


46.2 埋め込みWebKitウィジェット

Emacsが適切なサポートパッケージとともにコンパイルされている場合、Emacsのバッファーにブラウザーウィジェット(browser widgets)を表示できます。コマンドM-x xwidget-webkit-browse-urlは、ブラウザーウィジェットに表示するURLを尋ねます。通常はポイント位置、またはポイント位置の前にあるURLがデフォルトのURLになります。しかしアクティブなリージョン(Markを参照してください)がある場合は、余分な空白文字を削除してから、そのリージョンからデフォルトのURLを取得します。コマンドはその後、指定されたURLを表示するめ込みブラウザー(embedded browser)をもつ、新しいバッファーを作成します。このパッファーはXwidget-WebKitモード(Imageモードと似ています。see Image Modeを参照してください)で、ウィジェットのスクロール、サイズ変更、リロードを1-keyで行なうコマンドを提供します。キーバインドを確認するには、そのバッファーでC-h bとタイプしてください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.