Next: , Previous: , Up: Top   [Contents][Index]


6 Emacsからのexit

C-x C-c

Emacsをkill(終了)します。(save-buffers-kill-terminal)。

C-z

テキスト端末ではEmacsをサスペンドします。グラフィカルなディスプレーでは選択されたフレームをアイコン化(または“最小化”)します(suspend-frame)。

EmacsをKillするというのは、Emacsプログラムを終了するという意味です。これを行うには、C-x C-c (save-buffers-kill-terminal)とタイプします。2文字キーシーケンスが使われているのは、アクシデントにより間違ってタイプしづらくするためです。もし変更されたファイルがある場合、C-x C-cをタイプすると、Emacsとそれらのバッファーを巡回して、バッファーを保存するか問い合わせます。それらすべてを保存しない場合、未保存の変更が失われてしまう前に、もう一度問い合わせます。サブプロセスがまだ実行中の場合にも、Emacsをkillするとサブプロセスもkillされるので、問い合わせを行います(Shellを参照してください)。

もしEmacsをサーバーとして使っている場合、C-x C-cは特別に振る舞います。もしクライアントフレームからタイプした場合は、クライアントのコネクションをクローズします。Emacs Serverを参照してください。

Emacsはオプションで、killしたときに表示していたファイルなどの、セッション情報を記録することができます。この情報は次回Emacsを起動するとき利用可能です。Saving Emacs Sessionsを参照してください。

変数confirm-kill-emacsの値が非nilの場合、C-x C-cはその値が関数だとみなして、その関数を呼び出します。その関数呼び出しの結果が非nilの場合、セッションはkillされ、そうでない場合、Emacsは実行を続けます。confirm-kill-emacsの値として使うのに適した関数の1つが、yes-or-no-pです。confirm-kill-emacsのデフォルト値はnilです。

変数confirm-kill-processesの値がnilの場合、C-x C-cはEmacsにより開始されたサブプロセスをkillする前に確認を求めません。デフォルトでは、この値はtです。

Emacsをexitするとき何が起こるかさらにカスタマイズするには、Killing Emacs in The GNU Emacs Lisp Reference Manualを参照してください。

保存の問い合わせを行わずにEmacsをkillするときは、M-x kill-emacsとタイプします。

C-zは、コマンドsuspend-frameを実行します。グラフィカルなディスプレーでは、このコマンドは選択されたEmacsのフレームを後で戻れるように、最小化(またはアイコン化)して隠します(どのように隠されるかはウィンドウシステムに依存します)。テキスト端末では、C-zはEmacsをサスペンド(休止)します。プログラムは一時的に停止し、制御は親プロセス(通常はシェル)に戻ります。ほとんどのシェルではシェルのコマンド%emacsで、サスペンド中のEmacsを再開できます。

テキスト端末は、通常、実行中のプログラムをkillしたりサスペンドする、特定の特殊文字を監視しています。この端末の機能は、Emacsではオフになっています。EmacsでのC-zC-x C-cのキーの意味は、いくつかのオペレーティングシステムでプログラムを休止させたり終了させたりするために用いる文字、C-zC-cにヒントを得たものですが、オペレーティングシステムとの関係はそれだけです。これらのキーは、他のコマンドを実行するようにカスタマイズできます(Keymapsを参照してください)。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.