Next: , Previous: , Up: GTK resources   [Contents][Index]


D.5.2 GTK+ウィジェット名

GTK+ウィジェットはウィジェット名(widget name)ウィジェットクラス(widget class)により指定されます。ウィジェット名は特定のウィジェット(たとえば‘emacs-menuitem’)を参照し、ウィジェットクラスは似通ったウィジェット(たとえば‘GtkMenuItem’)のコレクションを参照します。ウィジェットは常にクラスをもちますが、名前をもつ必要はありません。

絶対名(absolute names)とは、一連のウィジェット名またはウィジェットクラスで、他のウィジェットに埋め込まれたウィジェットの階層に対応します。たとえば、topという名前のGtkWindowが、boxという名前のGtkVBoxを含み、それがさらにmenubarという名前のGtkMenuBarを含む場合、メニューバーウィジェットの完全クラス名はGtkWindow.GtkVBox.GtkMenuBarで、完全ウィジェット名はtop.box.menubarになります。

GTK+リソースファイルには、ウィジェットの外観を指定する2種類のコマンドを含めることができます:

widget

クラス名または単にクラスにもとづいてウィジェットのスタイルを指定します。

widget_class

クラス名にもとづいてウィジェットのスタイルを指定します。

widgetコマンドを使用する例は、前のセクションを参照してください。widget_classコマンドも同じように使用されます。ウィジェット名/ウィジェットクラスとスタイルはダブルクォートで囲わなければならないこと、そしてこれらのコマンドはGTK+リソースファイルのトップレベルに記述しなければならないことに注意してください。

前に記したように、ウィジェット名とウィジェットクラスはシェルのワイルドカード構文で指定することができます。‘*’は0文字以上にマッチし、‘?’は1文字にマッチします。以下はすべてのウィジェットにスタイルを割り当てる例です:

widget "*" style "my_style"
This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.