Next: , Previous: , Up: Deletion and Killing   [Contents][Index]


12.1.2 行のkill

C-k

行の残り、または1行以上をkillします(kill-line)。

C-S-backspace

1度に行全体を削除します(kill-whole-line)。

もっとも簡単なkillコマンドは、C-k (kill-line)です。これを行末で使うと、その行を終端している改行をkillして、現在行と次の行を継げます(空行なら削除します)。そうでない場合、C-kはポイントから行末までを削除します。ポイントの元の位置が行頭の場合は、空行が残ります。

どちらのケースを適用するか決める際には、行末のスペースとタブは無視されます。ポイントが行の一番最後の非空白文字の後にあるとき、C-kは改行をkillすることに注意してください。空でない行全体をkillするときは、行頭でC-kを2回タイプしてください。

このコンテキストで“行”とは、スクリーン行ではなく論理行を意味します(Continuation Linesを参照してください)。

C-kに正の数値nを与えると、n行とそれに続く改行をkillします(現在行のポイントの前にあるテキストはkillされません)。負の引数-nを与えると、現在行のポイントの前にあるテキストと、前のn行をkillします。C-kに0を指定すると、現在行のポイントの前にあるテキストをkillします。

変数kill-whole-lineが非nilのときは、行頭でのC-kにより行末の改行も含めて行全体がkillされます。この変数は通常nilです。

C-S-backspace (kill-whole-line)は行中のポイントの位置に関わらず、改行を含めた行全体をkillします。キーシーケンスC-S-backspaceをタイプできないテキスト端末がたくさんあることに注意してください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.