Next: , Previous: , Up: Deletion and Killing   [Contents][Index]


12.1.3 その他のkillコマンド

C-w

リージョンをkillします(kill-region)。

M-w

リージョンをkillリングにコピーします(kill-ring-save)。

M-d

次の単語をkillします(kill-word)。Wordsを参照してください。

M-DEL

後方に1単語killします(backward-kill-word)。

C-x DEL

センテンスの先頭までを後方にkillします(backward-kill-sentence)。Sentencesを参照してください。

M-k

文の末尾までをkillします(kill-sentence)。

C-M-k

後に続く対応のとれた式(balanced expressions)をkillします(kill-sexp)。Expressionsを参照してください。

M-z char

次のcharまでをkillします(zap-to-char)。

M-x zap-up-to-char char

次のcharまで( charを含まず)をkillします。

一般によく使われるkillコマンドはC-w (kill-region)で、これはリージョンのテキストをkillします(Markを参照してください)。同様にM-w (kill-ring-save)は、バッファーからテキストを消去せずに、リージョンのテキストをkillリングにコピーします。C-wまたはM-wをタイプしたとき、マークが非アクティブの場合、これらのコマンドはポイントと最後にセットしたマークの間にあるテキストにたいして処理を行います(Using Regionを参照してください)。

Emacsは特定の構文単位にたいするkillコマンドを提供します。単語(words)にたいしてはM-DELM-d(Wordsを参照してください)、対応のとれた式(balanced expressions)にたいしてはC-M-k(Expressionsを参照してください)、センテンス(sentences: 文)にたいしてはC-x DELM-k(Sentencesを参照してください)です。

コマンドM-z (zap-to-char)はkillと検索の組み合わせです。これは文字を読み取り、ポイントからバッファー内の次にその文字が現れる場所までをkillします。数引数は繰り返し回数です。負の引数の場合は後方に検索することを意味し、ポイントの前のテキストをkillします。以前に使用した文字のヒストリーが保守されていてM-pM-nのキーストロークでアクセスできます。これは主に複雑な入力手段で入力する必要が文字の場合に有用です。 類似コマンドのzap-up-to-charはポイントから次の文字までkillしますがその文字は含みません。数引数は繰り返し回数として機能します。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.