Next: , Up: テキストのkillと移動   [Contents][Index]


14.1 削除とkill

バッファーからテキストを消去するコマンドの多くは、それをkillリング(killリングを参照)に保存します。これらはkillコマンドとして知られており、通常名前に‘kill’が含まれます(例 kill-line)。killリングには、最近killしたものが、1つだけではなくいくつか格納されているので、killはとても安全な操作と言えます。なぜなら、以前にkillしたテキストが失われる心配をする必要がないからです。killリングは、すべてのバッファーで共有されているので、あるバッファーでkillしたテキストを、別のバッファーにyankすることができます。

C-/ (undo)を使うと、killコマンドはアンドゥ(Undo(取り消し)を参照してください)されるので、killしたテキストはバッファーに戻されますが、killリングからは削除されません。

グラフィカルなディスプレイでは、テキストをkillすると、それはシステムのクリップボードにもコピーされます。 グラフィカルなディスプレイでのカットアンドペーストを参照してください。

テキストを消去してkillリングに保存しないコマンドは、削除(delete)コマンドとして知られており、名前に‘delete’が含まれています。これらはC-d (delete-char)やDEL (delete-backward-char)のように、一度に1文字削除するものや、スペースや改行だけを削除するものが含まれます。重要なデータの有意な量を消去するコマンドには、一般的にkill操作が用いられます。

killとyankでマウスを使うこともできます。グラフィカルなディスプレイでのカットアンドペーストを参照してください。

This page has generated for branch:emacs-30, commit:ad27b2a96fb67e5e4e6ccb406175feb9e2cfa5a1 to check Japanese translation.