Next: , Previous: , Up: TeX Mode   [Contents][Index]


25.11.2 LaTeX編集コマンド

LaTeXモードは、plain TeXには適用できない特別な機能をいくつか提供します:

C-c C-o

LaTeXブロックのための‘\begin’と‘\end’を挿入して、ポイントをそれらの間の行に配します(tex-latex-block)。

C-c C-e

まだ閉じていない一番内側のLaTeXブロックを閉じます(tex-close-latex-block)。

LaTeX入力では、テキストをブロック化するのに‘\begin’と‘\end’のタグが使用されます。ブロックを挿入するにはC-c C-o (tex-latex-block)とタイプします。これはブロックタイプの入力を求め、適切な対応する‘\begin’と‘\end’を挿入し、その2行の間に空行を残してポイントをそこに移動します。

C-c C-oにたいしてブロックタイプを入力するとき、通常の補完コマンドを使用できます(Completionを参照してください)。デフォルトの補完リストには、標準的なLaTeXのブロックタイプが含まれています。補完にブロックタイプを追加したい場合は、リスト変数latex-block-namesをカスタマイズしてください。

LaTeX入力では、‘\begin’と‘\end’のタグは対応が取れていなければなりません。C-c C-e (tex-close-latex-block)により、対応が取れていない最後の‘\begin’に対応する‘\end’を挿入することができます。これは対応する‘\begin’に調和するように‘\end’をインデントし、ポイントが行の先頭にあるときは‘\end’タグの後ろに改行を挿入します。マイナーモードlatex-electric-env-pair-modeは、‘\end’か‘\begin’の一方をタイプしたとき、自動的に対応する‘\end’または‘\begin’を挿入します。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.