Next: , Previous: , Up: Frames   [Contents][Index]


21.10 複数ディスプレー

1つのEmacsが、1つ以上のXディスプレーと通信できます。最初、Emacsは環境変数DISPLAY、または‘--display’オプション(Initial Optionsを参照してください)で指定された、ただ1つのディスプレーに表示されます。他のディスプレーに接続するには、コマンドmake-frame-on-displayを使います:

M-x make-frame-on-display RET display RET

ディスプレーdisplayに新しいフレームを作成します。

1つのXサーバーは、1つ以上のスクリーンを処理できます。1つのサーバーに属する2つのスクリーンでフレームを開いた場合、Emacsはそれらが1つのキーボードを共有するのを知っているので、これらのスクリーンから到着するすべてのコマンドを1つの入力ストリームとして扱います。

異なるXサーバーでフレームを開いた場合、Emacsは各サーバーごとに別な入力ストリームを作成します。各サーバーは、それぞれ選択されたフレームをもちます。特定のXサーバーで入力したコマンドは、そのサーバーの選択されたフレームに適用されます。

マルチモニターディスプレイではコマンドmake-frame-on-monitorが使用可能です:

M-x make-frame-on-monitor RET monitor RET

モニターmonitor上にスクリーン領域がカレントディスプレイの一部であるようなフレームを新たに作成します。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.